シニア情報生活アドバイザー養成講座

           資格を取って シニアライフに ハリを 持たせましょう!!

     この講座は、初心者にパソコンの面白さを伝え 活用方法をアドバイスする
 人を養成する講座です。

 ICPは、財団法人ニューメディア開発協会 が認証する
 「シニア情報生活アドバイザー養成講座」 の実施協力団体として登録を受け、
 本講座を開催しております。

 鎌倉・湘南地域では、ICPがはじめて「シニア情報生活アドバイザー養成講座」を
 提供することとなりました。
 パソコンを通じ、地域コミュニティの生活を豊にし、地域社会に役に立ちたいと
 お考えの方々の参加を歓迎します。


   ○ ICP第 55期養成講座 :平成30年 2月

        に開講いたします。

受講資格

   ・概ね50歳以上である(意欲があれば、年齢は制限にはなりません)
   ・自宅にパソコンを持って、日常生活で活用している
   ・パソコンで、ファイルを添付した電子メールの送受信が行える

講座概要
    ・技術力・・・・・・パソコンやインターネットに関する基本的な知識と技能
    ・支援能力 ・・・学習支援のための基本的な知識と技能
    ・活用能力 ・・・自分の趣味や関心を活かした楽しい情報生活を創造する能力


認定試験
     パソコンやインターネットの基礎的な操作能力の確認に関する問題(実技)
     パソコンやインターネットについて知識を問う問題(記述問題)
     パソコンやインターネット活用方法のアイディアとその表現能力を試す問題(課題発表提出)


  日頃の生活にパソコンやネットワークを活かしていれば、十分に合格できる
  試験問題になっています。
  詳しくは、関連リンク 「ニューメディア開発協会 シニア情報生活アドバイザー事務局」
  をご参照ください。